ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年7月27日水曜日

リリスの影を事件に見る


プリンセス☆マリアンさんのブログに新月メッセージを寄稿しております。
獅子座新月のマリアージュ
次なる新月は喜びの謳歌的な意味合いが強いのですが……



世間では非常に痛ましい事件が起きてしまいました。
相模原市で起きた障害者殺傷事件は、戦後最悪と言われるほどのむごたらしい大量殺人事件となりました。
事件の中身が次々に知らされるにつれ、容疑者の動機や凶行のあまりの手際の良さに慄然とせざるを得ません。

この事件について考えていると、自分自身、気が滅入ってきそうになります。
この事件時のチャートや容疑者のチャートを持ちだしての解説は、今日は避けたいと思います。
が、一つだけ触れたいことがあります。

この種の残忍な事件、猟奇的な事件、テロなどが起きるときにリリスの影がよく見えます。
リリスというのは計算上の感受点で、天体ではありません。
月の軌道の遠地点で、つまり月が一番地球から離れるポイントなのですが、自我の影の部分とも人間の暗い情動や性的なリピドーなどにも関係するといわれます。

リリスについては、古来から占星術師が使用してきたものではあるのですが、その有効な活かし方もなかなか明確にはならない感受点で、「負」のイメージが強いものです。
これはたとえばアメリカの9.11の時にも顕著な働きをしていたように見えますし、他の様々な事件の裏側にうごめいていると思えます。
むろん、今回の事件でもリリスの影がはっきりと見えます。

今年の5月末くらいからなのですが、一般市民が犠牲になるような危険がアスペクトがずっと継続しています。
それはもう終わりには近づいてきたので、そろそろ沈静化に向かうのではないかと思っていたのですが、思わぬところから伏兵が立ち上がってきた感じです。

チャートは嘘をつかないのですが、予知は難しいものです。
そしてチャートの中身を、もっと創造的に使えるように、私たち一人一人が成長する必要があります。
そうすれば同じアスペクトでも、このような出来事は起きないのですから。


★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿