ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年7月8日金曜日

自分の身は自分で守りましょう

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今年度受講生募集中→占星術ネット講座
・初級クラスは、定員が満たされましたので募集を締め切らせていただきます。
・上級クラスは募集を継続します。

7月福岡鑑定予約受付中→福岡チャリティ鑑定会のご案内

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


昨日は大学の日でした。

大学に到着するまでの間(約1時間)に、二度救急車に遭遇しました。
そして講義が始まるころ、やはり大学の近辺を救急車がけたたましく。

異常な暑さを記録したところが多かったようですが、岡山もそうでした。
いきなりレベルが2~3、跳ね上がったような猛暑で、車を降りて日差しを浴びたキャンパスに出ると、もうそれだけで、
くらっ…(;゜0゜)…となりました。

世界が明るすぎる。
照り返しだけで、眼球が焼かれそう……

遭遇した救急車のすべてがそうでは言えませんが、これじゃ、熱中症で倒れる人がいても不思議ではありません。
とにかく消防署の方々、大忙しです。

私はこのところ、無意識というか、流れ的にこの防衛反応を取っているようなところがあります。きっとなにがしかのお助けがあるのだと思います。

汗をかける体になっていることが体温調節に重要なのはよく知られたことですが、森乃僚子さんの助言を入れて、毎朝、氏神様までジョギングするようになっています。

私は汗はけっこうかける人間でしたが、やはり朝、ドバッと汗を出しておくのは良いようで(水分補給はしています)、昨日も急激な変動にも対応して、体が反応してくれていたように思います。

それに、なんとなく今年は普段買わないようなものを事前に仕入れています。
一つは帽子。

私は髪が薄い→やや髪が豊かでない男なので、帽子は普段かぶりません。
車の運転中、斜めから入ってくる日差しをふせぐためのキャップを車の中に常備はしていますが、あまりがっつりかぶると、髪の毛がぺたんこになってしまうので(笑)

いやまあ、お前なんか誰が見るんだというヤジが飛んできそうですが(笑)

そんな私が、帽子=ハットを買いました。
いや、コンビニで売っているような安いやつですが。

ですが、今年はなんとなく夏の移動があるように感じていたのが実現し、8月にもちょっとプライベートで出かけることになりそう。

そこで、日傘を買いました!



こんなやつ。

といっても男性用の日傘は、私の生活環境ではあまり見かけないのです。
で、ネットで買いました。

裏地はこんな感じ、


とくに凝りはない人なので、適当に安いのを買いました。

この日傘、晴雨兼用なのですが、昨日、大学に到着した後、実際に使ってみました。

大学のキャンパス、非常勤講師の控室のある建物から講義室のある建物まで、まあ、そう距離があるわけでもない。
けれど、昨日の日差しと暑さは、異常でした。
直接浴びていると、本当にどうかなるんじゃないかというような不安も抱かされるものでした。
(救急車を多く遭遇したせいもあると思われます)

でも。
そんなこといっても、この炎天下、外で働いている人もいるんだよな。

と一瞬思いましたが。

やっぱり自衛することにしました。
次の日(つまり今日)から福岡鑑定だというのに、コンディションを崩すのは良くない!

というわけで、日傘(自分の)を生まれて初めてさしてみました。
(自分のと断るのは、じつは借り物なら以前にあるのです。日傘を買うことにしたのも、その経験から)

そうしてみると、やはり実感しました。
日傘ってばかにならない。

結構いいのです。
使った環境が、足元がコンクリートやレンガのような場所だったので、照り返しに関しては、そのまんまに近いですが、少なくとも頭上から
ずどん!
とくる日差しの、ブレストファイヤ~~!! は防げている。
(兜甲児の声でお願いします)(←古い)

こりゃ、使う価値があるなと思いました。

男性って、やっぱりあまり日傘を使わないものですが。
これからの時代、普通に活用アイテムになるかもしれないなあ~

この夏、日傘が手放せません!

自分の身は自分で守りましょう。
(この記事は事前に仕込んでおります。UPされるころ、私は福岡に向けて出発するか、それに追われている頃です)




 

0 件のコメント:

コメントを投稿