ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年7月1日金曜日

7月の12星座の運勢

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今年度受講生募集中→占星術ネット講座
(定員残り4名様)

7月福岡鑑定予約受付中→福岡チャリティ鑑定会のご案内

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


皆さま、ようやく12星座の運勢をお届けできます。
ちょっと仕事の関係上、先月中には間に合わなかったのです。
やっぱ、これを楽しみにされている方も多いと思います。
お待たせしました。
m(u_u)m
7月の日本と全体傾向は、明日、UP致します。


zephyrより。

この「12星座の運勢」は、主にマルセイユ・タロットを使用した12星座それぞれの運勢です。
(占星術も可能な部分では採用しておりますが、限定的なものです)

この12星座の運勢は、あくまでも全般傾向です。
個人の運勢とは異なることも、決して珍しくありません。

ですから、この全般傾向の中に何らかの不調が表示されていてもいたずらに気落ちし、「そうなんだ」と暗示にかかることは好ましくありません。
注意点に留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示について、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

そのような活用の仕方はできそうもない、悪いことを知らされたら落ち込む、とお感じになる方は、お読みにならないでください。
また、解説の中に出てくるアドバイスも、ご本人の現実に照らして生かせるかどうかは、ご自身で判断ください。

新月記事も12星座別のアドバイスを添えています。併せてご活用ください。
また星座にはそれぞれ今月のキイカードとなるものを添えておりますが、判断はカード一枚で行っているわけではありません。
またこのマルセイユ・タロットは、一般的なタロットの解釈とは意味が異なるものもございますので、ご注意ください。




◇◇◇12星座◇◇◇


☆牡羊座♈

立場によって解釈がかなり異なってきます。
たとえば会社を経営したり、部下を管理するような立場にある人の場合、その組織の不完全な部分に直面しやすいでしょう。
そこに改変・改良を加え、コントロールして正しく行く必要があります。

父親の立場であれば、家庭に関して対応する必要が出てきます。
あなたが悪いとかいう話でなくても、自分の不十分だった部分を見ることもあれば、家や家に関してバランスを取っていかないといけないハプニングが起きやすい。

学校や教育(学び)の現場にかかわる人は、教師や子供を学校に送り出している立場で、それぞれに向き合うべき事柄が生じそうです。

とはいえ、これらのことがあるといって、悪い運勢というのではありません。逆に言えば、そういった努力ができればOKという状態です。
人間関係や仕事に関する事柄では、仲直りすることや復活・復帰・再生といったキイワードを念頭に置いて行動してください。




☆牡牛座♉

非常に良い運勢です。
三つ程度の事柄が、それぞれに共存しややすい運勢です。たとえば遊び、恋愛、仕事のような三つです。
あるいは公正な対応、利益、コミュニケーションなどです。
このようにいくつかのことがこの月は、それぞれに独立して発生しやすく、相互に関連性はないのですが、その中でうまくやっていくというような態度を求められるようです。

端的に言えば、仕事やプライベートの物事を、それぞれにうまく運んで楽しめるような月といえそうです。
短期的なアバンチュール的な恋愛もありかもしれません。
もしシングルマザーのようなお立場の方なら、この月は子供は子供、新しい恋愛は恋愛でうまくやって行けそうです。

基本、楽しんでもらったらよい月です。
ただ「選択」ということは明瞭に出ている月で、自分が何を、どんな相手を、どういうやり方を、というようなことが、次の運勢につながっていくでしょう。
そういう意味では大事に過ごしてほしい月でもあります。




☆双子座♊

変化の時ではあるのですが、それを促すためにいろいろな状況や自分の課題が突き付けられそうです。
個人の課題としては、依存や甘え、そういったものを底に抱いて、結局進むべき成長を歩めていないのではないか、というような問題です。
この月は学びに関することがクローズアップされやすく、その学びの中には自分や家族がかかわる「学校」も含まれるかもしれません。

しかし、何らかの「うまく行かないな~」という問題があったとしても、それは全体としてはあなたの成長を促すためのものと思われます。
心の成長、知恵をわがものとすること、失っていたバランスの回復などが、この月の双子座のテーマとなりそうです。

これは裏側には、実はあなたがもう一つ高いステージ、ステップに上がる段階に来てることを意味します。
この運勢をネガティヴにとらえず、自分が成長させすればさらに良くなれるのだと理解してください。
そこに新しい選択が見えてきます。




☆蟹座♋

一瞬、ヒヤッとするような局面がある月です。
これはたとえば、家庭の財政問題や親子や夫婦の問題かもしれませんし、会社ではその組織の存続の問題であったりするかもしれません。
そのために何かを選択するということが一つ、もう一つはちゃんとコミュニケーションを取っていくということが大事な課題としてあるようです。
それぞれのお立場で考えてください。

蟹座の7月は、何かの関係が終焉を迎えることもあり、波乱があるように見えますが、実際にはうまくバランスが取れて行きます。
波乱はそのバランスを新しくもたらすためにあるようです。

心配するようなことはありません。

この月、あなたに求められるのは、自分の心に背かず、まっとうなことをやっていくということです。
そこさえクリアできていれば、ヒヤッとすることは無事に抜けていくでしょう。



☆獅子座♌

あなたの思うこと、プラン、アイディアに関して、手が差し伸べられ、急展開していく月になります。
獅子座は12星座の中でも、この月の一番良い流れを持っています。
自分の思い描くことに援助がある時なので、これに向かって努力されてきた人は、ここで助力者との遭遇やそういうお話が湧いてくる可能性があります。

また、これまで進まなかった仕事や夢に関しても、なんらかの軌道修正やアレンジが必要かもしれませんが、先へ進みやすい月になりそうです。

師が頼りになります。
また自分に不足を感じるなら、臆せず学習することです。
良き変化、転機となる月です。




☆乙女座♍

全体に良い運勢で、たとえば恋愛や家族関係の状態は良いと思われます。
しかし、仕事に関するものだけが問題があります。
とはいえ、これは重大なものではなく、先を急がずに様子を見ることで、あきらめかけていたのに復活するとか、ありは自分自身のやり方とか動機とか、そのようなことを見つけることで解決できそうです。

問題が起きたときには、我が身を振り返れです。
インスピレーションを大事にすると良いでしょう。

また仕事た人間関係でつまづいたときには、思い切ってコミュニケーションを取るようにしましょう。
意外に思っていたほどのことでもないと気づかされます。

新しいことを始めるのは適さないようです。




☆天秤座♎

家庭や子供に関して、ちょっと注意すべき時です。
またそれに関連していますが、ご自身の健康管理をしっかりなさってください。
ここでは無理をしない、疲労を貯めないなどの配慮が必要で、できるだけストレスのない生活を心がけましょう。
節度ある生活、家族の団らんの時、あるいはメンタル的に満足感のある学習や読書などがお奨めです。

逆に言えば、いろいろな面で迷いやストレス、うまく行かないのではないかといった恐れなどに直面しやすいようです。
特に仕事の面では、そういう傾向が顕著かもしれません。

ただこの状態は、次の段階に進む前に起きる現象です。
新しいことの胎動がすでに始まっています。
そのために自分を整えて過ごす月にしましょう。





☆蠍座♏

水のエレメントは、全体として家族や肉親に関連しやすい傾向があるようです。
蠍座も母や義母、継母といった暗示が強いのですが、一種の分裂的な傾向や別れを暗示しているように思えます。
このようにお伝えすると、悪いことがあるように錯覚されるのかもしれないのですが、たとえばどちらにも非がなく、だけど人生観の違いというのが鮮明になり、別々の道や方向を進むということが人生にはあります。
また違った別離もあるかもしれません。

そういう別れや独立した方向が、結果的に双方に良い結果をもたらすこともあります。いい例が親離れ子離れです。
これを双方がちゃんと行っていないと、しかるべき時に「依存」「甘え」といったものが問題として浮上することがあります。

この月の蠍座の運勢は、家庭に限定せずとも、AとBが分裂したり、別れたりする傾向を持っています。
しかし、それが最終的には建設的な方向に向かうというような、裏側の暗示も持っています。
離れることが良い結果をもたらすこともあるのです。




☆射手座♐

崩れたバランス、失われた秩序、ショッキングな出来事。
こういったものに遭遇しやすく、この修復や取り繕いのために追われます。
むろんこれは立場によって、大きく意味が違ってきます。

たとえば不正なことや不倫といった出来事→ショッキングな崩壊
というような流れを持ってしまったなら、これは取り繕うしかなくなったり、金銭的な問題や子供のことを優先的に考えて行動するという選択肢になってしまうわけです。

ここではそうした不正や危ないことに手を出さず、動くなという提言がなされています。
そうすれば上記の流れは断ち切られるわけです。

その一方で、もっと違った立場での解釈もあり得ます。
これは特に神官や神職、聖職的な立場にある人に言えるのですが、傾きかけたものを献身的に立て直すという意味もあります。
現実的には、これは財ということになるかもしれませんが、この月のカード展開での金銭は決して悪い意味ではありません。

父親の立場の人は、家庭のため動くことで良き環境を得られます。




☆山羊座♑

会社か家か。
どちらにせよ、あなたの働きが求められる月です。

根本的には助け合うことが必要で、それは会社であろうと家庭であろうと同じです。
あなた一人では、やはりできることは限られています。
どうしても手の届かない部分が出てきます、

何もかも一人でやってしまえるというのは稀ですし、それができると思うのも、もしかしたら傲慢かもしれません。
ひょっとすると、何かの復讐のためにそれをしようとしているのかもしれません。

それでは、あなたも、また周囲の人も追い詰めるだけ。
ここは助け合う動きをしてください。

というようなことをお伝えしましたが。
不足分を補えば、この月はうまくやっていけます!
仕事もその精神でうまく行くでしょうし、新しいことにも着手できるかもしれません。
新しい段階へ入り始めています。





☆水瓶座♒

迷いや不安が大きな月です。
これは7月の水瓶座に、かなり大きな状況の変化やリセットといった運気があるからです。

財や子供、あるは自分の欲に関しての問題です。
すごく小さなスケールでは、抑えの効かない衝動や欲求に支配されて、本能的な動きに身を任せてしまうかも。
これは異性や衝動買い的なものもあるかもしれません。

じつはこれを選択してしまうと、その次のプロセスでさらに大きな不安や危機を招いてしまうかもしれません。
これが異性関係での浮気とかいうことであれば、単なるアバンチュールではすまず、家庭の危機や崩壊ということもあり得ます。

そういったことにならないように、「何もするな」「様子を見ていなさい」ということをカードは提言しています。
本当に大事なもの、あなたの心を明るくする光に目を向ける必要があります。




☆魚座♓

母親とのかかわりが増えます。
生活の中で、いろいろなバランス(仕事とか家庭での生活)を取りながら、あれこれを掛け持ちするような運勢です。
その中に、母親ということがかかわりやすいようです。

この母のカードは、マルセイユ・タロットの「女教皇」ですが、正位置なのでここに問題があるわけではない。
それを取り巻く環境の中でバランスを取るのが難しいわけで、時には卑屈な心根に傾きがちです。
「自分はずっとこんなんだろうか」というような想いです。

が、そうではない。
本質にあるのは、「学び」です。

この月は、ここまでの解説のニュアンス以上に、実はよい月です。
控えめに、自己主張せず、いろいろなことを自分の中で掛け持ちながら、頑張ってください。

そうすることで、かならず明日が見えてきます。

資格や学習の所得を目指している方は、そこに力を入れてください。
掛け持ちも大変ですが(家と仕事、あるいは複数の仕事)、次につながるような展開です。



0 件のコメント:

コメントを投稿