ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年7月25日月曜日

オーディション迫る


市民創作ミュージカル「KAZEの道」は、二日分の異なる台本が完成し、音楽のK先生が次々に曲が生み出され、いよいよ本格的な練習に入ってきました。
昨日は序幕の練習。

ほとんどすべての人物がステージに出てくるこの序幕。
大変です。



大人も子供も、それぞれにやるべきことがあります。
(プライバシーの保護のため、写真は加工しておりますが、みんな顔が輝いています)






参加者の熱は上昇する一方。
というのも、もう来週からオーディションです。
(オーディションは3回くらいに分けて行われます)

昨日はどの役で自分がオーディションを受けたいかの希望を提出してもらいました。
みんな、それぞれに狙っている役どころがあるので、本当に火花散る……

男はやっぱり主人公狙いなのが多いですが。
女性は年齢層によって、いろいろなパターンを狙えます。希望は第三希望まで出してもらっていますし、今回の上演では二日微妙に異なするストーリーをやる関係もあり、何よりも参加者が非常に多いことを考慮し、大半の役をダブル・キャストで選出することになっています。

つまり1日目と2日目では、違った人がその役を演じることになる。

なので、チャンスは多い!
だけど、やっぱり……


女性の参加数が圧倒的なので、女の闘いなんだよな~~~(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿