ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年9月16日金曜日

満月メッセージ 9/17


少し前新月についてお問い合わせがあるので、ここでお答えしておきます。
前新月は日食でもあったため、次の日食である2月26日まで効力があるものです。

が、これは世間全体に対するものであり、個人としては次の新月までが強く、新しい新月が来たら切り替わります。
日食の効果は全体にありますので、それ以降は間接的なものとして受け取ることになります。

日食図は災害的なものも表示するといわれますので、ここしばらくあった気象的なものは、この秋冬、そして2月ごろまで注意が必要です。
冬になると豪雪なども警戒しなければならないでしょう。

明日の満月は、このところの流れが継続しているというより、まさにトドメのようなものではないかと考えています。
このところの流れというのは、今年ある浄化と癒しです。

この満月では、個人の穢れ、澱、そんなものが徹底的に祓い清められます。
そのため物質的な観点や人間関係の現実の中では、何もかも失われてしまったと感じるケースすらあるでしょう。

厳しくも、清々しい満月です。
清める力が非常に強い。

一方で、世相的には火星の影響力は増します。
テロ、犯罪、戦乱がアピールするかもしれません。
遠い国の出来事でなくても、火災や事故、身近に存在する暴力など、特に女性やお子さんは当たり前に身を守る意識を持ちましょう。
お子さんには注意を促してください。




さあ、時が来た。
祓いたまえ清めたまえ。

大風が吹くぞ。
それがそなたの心の中をひっかきまわし、溜まっていたもの吐き出させるぞ。

泣いても良い。
叫んでも良い。

心にあるものを解き放て。

そなたの人生に要らぬもの。
何もかも捨てさせるぞ。

失うのは、それが要らぬものゆえ。

美味しい料理を盛り付けるには、その前に器をきれいにするであろう。
埃のたまった器で飯を食うか?
カビの生えた器、汚かろう。

これからうましうましの時が来る。
うましうれしの時に備え、そなたの器が磨かれる。

何も悲しむことはない。
綺麗な器となり、善きものを盛り付けてもらえ。

綺麗な器であれば、いくらでも天はそなたに与えるぞ。





0 件のコメント:

コメントを投稿