ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年10月31日月曜日

止まれない12人


朝、起きると、なぜかお尻が痛い……
ジョギング前にするワンダーコアの腹筋をしながら、なぜかお尻が痛い。普通に座っても痛い。

い、いやっ、痔じゃないですよっ!!(汗)
お尻の肉が痛いのです。おかしいなあ、どこかに打ちつけたような記憶もないけれど……

あ。
あれだ。

じつは、昨日の夜、お芝居の観劇に行ったのです。
これ↓


「止まれない12人」
岡山で活動をしている演劇関係者が、所属する劇団などの枠を超えて集結したLOOPというプロジェクトがあるのですが、この演出をなさっているのが、「KAZEの道」で演出助手をしてくださっている朝松煌さん。

知った人間も出演していますし、これは絶対に観に行かねば!

会場は、岡山市内の旧内山下小学校の体育館。
ハイコーチャレンジというのがありまして、このような廃校になった学校の有効利用というのも趣旨に含まれております。
そして、ちょっと驚いたのが、いわゆるステージ上で役者さんが演じ、それを手前から観劇するという感じではなく、センターに列車の車両という設定の長いセットを用意し(セットの中には列車の客席などもある)、その縦長の空間を左右から挟む形で、私たち客が座る席が用意されているのです。

だからステージを挟んで、対面にまた客席があるのです。
そのどちらから見ても面白い、というのが、非常にユニークでした。

お話は、架空の超特急列車の中で繰り広げられる人間模様・ドラマをコミカルに描いたストーリーで、かなり笑わせてもらいました。

話は本当に面白かったのですが。
客席は普通の折り畳みパイプ椅子に薄い座布団を敷いたものだったので、途中からだんだんお尻が痛くなってきた。

これは、おそらくなんですが。

私のお尻の肉も、現在、結構薄くなっているというか、筋肉量は増え、脂肪が少なくなっていることが関係していそうです。
以前は同じような状況で、ここまではなかった。

ダイエットの効果ですね。

しかし、今度から同じような状況では、自分でもう一つマットを持って行くようにします。

この「止まれない12人」には、うちの娘も声だけ出演しています。

真庭での公演が最終になります。
・11月5日(土) 18:00~
・11月6日(日) 14:00~
場所は、旧遷喬尋常小学校講堂(開場は30分前)。

もう一度観たいとすら思うこのお芝居。
リピーターの方も、また真庭近隣の方、初めての方も是非!




0 件のコメント:

コメントを投稿