ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月2日土曜日

2016年の牡羊座

2016年の星座別運勢は、水瓶座スタートで記事を作成しております。
山羊座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。


またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。
責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。



☆牡羊座♈
第1デーカン(3/20~30)  第2デーカン(3/31~4/9) 第3デーカン(4/10~4/19)

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆さまに、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。




◇ ASTROLOGY ◇

星座の全体傾向
全体の約3分の2程度の人が、今年はやや制御しにくい運勢と感じるでしょう。
何もかも自分でコントロール出来るのが、人間は安心するものですが、なかなかそうもいかないことがあります。職場のことと健康、また家族に事には留意してください。
全体に節度を保つのが難しいということがあり、そういったことが仕事や体のコンディションに響いてしまいやすいようです。
恋愛運は良い人が多いはずです。


第1デーカン
春ごろまでは安定的な運勢です。
ですが、そこを過ぎると、忙しい一年を送る人が多そうです。単に仕事や生活が慌ただしいというケースもあるでしょうが、実際にあちこちに移動するとかいうこともありそうです。しかし、全体にエネルギッシュで、活力に満ちています。それだけに無理をしすぎる場合もあるでしょう。
気を付けなければならないのは、健康面と財政面です。健康は前述のような無理がたたってということも考えられますが、あわただしい日常の中で不摂生が原因になることもあるでしょう。そういう意味では、節度ある生活をキープできるかどうかが重要です。
財運はどちらかといえば「足りない」感じです。収入が減ったりする人もいるかもしれませんし、仕事に対しての報酬が割に合わないと感じるかも。
愛情運、恋愛運に関しては、一つの厳しい時期に該当することがあります。

第2デーカン
春ごろまで好調な運勢をキープする人が多いはずです。とくに勘とか直感の冴えみたいなものがあり、新しいことにチャレンジしていけます。
しかし、春ごろから運勢が切り替わってきて、あわただしかった時間のなかれが変わってくるのを感じるでしょう。今年は全般に堅実な流れがあり、始めた新しいことを、今度は確実にラインに乗せるような作業になります。
古都や古刹、由緒ある神社など訪ねる旅もよいでしょう。海外でも伝統的な文化が、気持ちを落ち着かせ、今年のあなたの役に立ちます。
海外や宗教、あるいは法律に関することなどはクローズアップされます。健康面が意識されやすいかもしれません。
日常の健康管理がとても重要です。

第3デーカン
とくにデーカン前半の人は、春ごろまで多忙かもしれません。知的な好奇心を満足させたり、何かを学習することにはとても適しています。
それ以降、このデーカンの傾向として出やすいのは二つのことで、一つ目は恋愛運の上昇です。これは良い恋愛になる可能性が高く、情熱的な交流も期待できます。
二つ目は知的なジャンルでの広がりと深まりです。前年も知的な活動が活発になる傾向はあったのですが、今年のそれはそれが仕事で役に立ったり、また学究的というか、非常に深いところを究明していくものになり、そういったものが財運にも良い影響を与えます。
賢くなれば儲けられる…そんな印象です。
4月10日前後の生まれの人は、大きな改革が起きる運勢です。事態が変化することもありますが、事故の内面変革であることもあるでしょう。新しいことにチャレンジしてください。
デーカン半ば以降の生まれの人は、働くことと家庭の二つがクローズアップされやすい年です。男性は妻、男女を問わず家族や母親のことが存在感を強めます。その出方は吉凶で分けることができません。人それぞれになるでしょう。
4月19日ごろの生まれの人の中には、一つの転機となる運勢の持ち主が何割かいます。

◇ TAROT ◇

牡羊座には、全般に新しい段階へ進む人が多いと思われます。
新しい段階には、つまりは古い状態を脱したり終わらせたりということが、かならずセットになっています。
課題として出やすいのは、子供、そして財に関することです。自分自身のアイディア、プランというものに対して、ストップがかかったりすることもあるでしょう。
しかし、助け合うことが重要です。夫婦で、家族で、同僚と。
本人の状態は好調なはずで、課題は周辺に生じることが多く、そのために迷路に突き当たり、別な進路を探すというのが、牡羊座の全体的な傾向にあるようです。
その別な進路は見つけられますので、焦らず、自分や周囲の人を見失うことなく進んでください。




★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿