ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月5日火曜日

2016年の天秤座

2016年の星座別運勢は、水瓶座スタートで記事を作成しております。
山羊座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。


またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。
責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。



☆天秤座♎
1デーカン(9/2310/2)  第2デーカン(10/310/13) 第3デーカン(10/1410/23

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆さまに、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。



◇ ASTROLOGY ◇
星座の全体傾向
天秤座は全体傾向として、抑えの利きにくい運勢があります。らしくもなく暴走的になったり、また誘惑に負けたり、というような出方をする人もいるでしょう。恋愛に関しては、自分の恋愛動機についてよく見つめてみる必要があるでしょうし、好ましくない異性を引き寄せてしまう可能性があります。
すでにパートナーがいる方の場合は、他からのアプローチに注意すべきで、愛が試されます。
財運も出やすい傾向にありますので、倹約を心がけておくほうが良いでしょう。
全体としては、現状を守ることに力を注ぐべきで、それがうまく行った人は次につなげやすくなります。
結婚や学習、仕事など自分の生きる意味との関連において、求める気持ちが強くなります。


第1デーカン
理想と現実の葛藤が生じたりします。また頭を打ったり、鼻っ柱を折られたり、やりたいことをさせてもらえない現実があり、フラストレーションを溜めやすいようです。強引にやり抜くこともできますが、特に職場では、それはかなりマイナスに働くと思われます。
9月の初めごろから援助的な運勢になり、幸運期もあります。秋以降のほうが、このデーカンは良い運勢になります。学習やスキルアップにも適した状態になり、次の年に備えられます。
9月23日24日あたりの生まれの人は、良き出会いや転機を迎える場合があります。また10月1日あたりの生まれの人は、秋以降にそういった傾向が出くるだけでなく、幸運な運勢へ入っていきます。

第2デーカン
このデーカンの人の傾向はいくつかのパターンがあるのですが、ある人は異常に仕事がきつくなったり、家庭の問題に悩んだり、また痛みを伴いながら脱皮するようなこともあるかもしれませんし、またある人は突発的な変事に遭遇したり、まったく馴染めない新しい事や人とかかわる必要があるかもしれません。
恋愛や愛情に関する不調や抑えの利きにくい運勢は、第1デーカンと同様にあります。そういう意味ではやや厳しい運勢なのですが、実は見えないところであなたの大きな変容を促し、成長させるものなのです。今年の秋以降になると、蓄積してきた経験が自分のものとなってきて、世界を広げてくれます。ただ、この時も暴走傾向は残されており、とくに言葉の行き過ぎには注意が必要です。
10月12日13日あたりの生まれの人は、転機を迎える人がいます。大きな別れや環境の変化を伴うものになるかもしれません。

第3デーカン
とくにデーカン前半の人ほど、不誠実な人物に注意すべきです。ふらっと流されるような男女関係は、そういった相手の誘惑である可能性が高い運勢です。また男女の問題だけではなく、自分や家族が詐欺的な被害に遭うといったことも、用心深くあるべきです。金銭の貸し借りなども避けるべきです。
先祖や実家などのバックアップ、援助などがあるかもしれません。
デーカン最初の10月14日あたりの生まれの人は、まったく馴染めない新しい事や人とかかわる必要があるという第2デーカンと同じ運勢を持ちます。離別や環境の変化も顕著かもしれません。しかし、それは良き未来のためのものです。
復活や再生のための年でもあります。すべてはそこへつながると信じましょう。
10月16日前後の生まれの人は、同様な傾向が秋以降に強く出てきます。
10月20日~23日当たりの生まれの人の中には、良き出会いや転機を迎える人がいます。



◇ TAROT ◇

最終的には自分を見つめることを求められる年です。
ほかの原因で起きる、制御できない変化は仕方ありませんが、好んで自ら変えるのには適していません。
家族関係や人間関係で、決定的な結論を下す時期となる人もいます。ダメなものはダメという場合もあり、そのときには勇気を出して決断しましょう。ただし、自分を見つめることはなさってください。
子供のことや性愛、またお金のことなど、リアルな課題に取り組む年です。
内省的に過去を振り返り、あるがままの自分を見ることができたなら、新しい選択がしやすくなります。見つめることがちゃんとできた人ほど、良き選択ができるでしょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿