ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月7日木曜日

2016年の12星座の全体傾向と目次

皆さま、昨日までの「今年の12星座の運勢」、いかがでしたでしょうか。

積極的な意味でお役立てくださいましたら幸いです。

ものすごく全体的なことを申し上げますと、恋愛・男女関係運が強まっています。
これは昨年からの傾向としてあったもので、それが世間での有名人の結婚などにもつながっているのですが、今年もこの傾向はある程度引き継がれます。

とくに10月以降の生まれの方は、今年もこの傾向を持つ人が多いようです。

ただ、ご注意いただきたいことがあります。

恋愛運の強さは、そのまま恋愛運が良いことを意味しない場合があります(幸運な恋愛運のデーカンにはそのような表現をしていますが、全体傾向であることはお忘れなく。本当の意味での個人運ではありません)。
また恋愛運の強さは、結婚運ともイコールでないことも多いのです。

恋愛を楽しみたいだけというのなら別ですが、ある程度息の長いまじめなお付き合いや結婚をお考えの方は、ただの遊びに終わらないようなお相手を選ぶということが大事になってきます。

いずれにせよ、今年はそういう意味ではチャンスで、一つのきっかけをつかみやすい年です。


またこの傾向は、男女間の性愛にも非常に深く関係しています。

実は今年のタロットの全体傾向として、この性愛の問題やそれを通り越して「子供」の問題ということが表示されているケースが多くありました。

不誠実な相手との遭遇、嘘偽りの愛、その場限りの快楽。
そのような誘惑や騙しが目立つということでしょう。

そして「できちゃった婚」になったり、望んでいなかったのに子供ができたということも傾向としてありそうに思えます。

世間的にも男女間のスキャンダルが多そうに思えます。


また新しい出産ということにかかわらず、すでに家庭がありお子さんがいらっしゃる方は、子育て上の問題でお悩みが多いのかもしれません。


占星術上も金銭感覚をゆるくし、財を流出させる方向に働く傾向もあります。

これは経済全体のことを考えたら良いことかもしれません。

が、タロットも財・家計の問題ということが表示されていると思えるものが多くありました。

このへんは、皆さんのバランス感覚が大事ですね。


家庭をお持ちの方は、家族がクローズアップされやすい年です。

もし苦難があったとしても、そういうときこそ絆を強めるときと受け止め、助け合いましょう。



以下、それぞれの星座への目次リンクです。


牡羊座

牡牛座

双子座

蟹座

獅子座

乙女座

天秤座

蠍座

射手座

山羊座

水瓶座

魚座




0 件のコメント:

コメントを投稿