ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月24日日曜日

寒波襲来なれど梅の花

寒波が襲来するとなると、戦々恐々としてしまうゼファー一家です。

降雨が少ない岡山県南部(もちろん雪も)とはいえ、我が家は特殊です。

この気温で雪さえ降れば、たちどころに「なぜかそこだけ雪国」状態です。

ちょっと下界へ降りると、雪なんかないことが多いのですが(笑)。

標高は200メートルくらいですが、その差は想像以上に大きいのです。

今朝もちょっと雪が舞ったのですが、たちまち道路が真っ白に!


シイタケの配達があったので、少しドキドキしました。

帰りの坂道も真っ白。

もちろん登れなくなるほどではありません。



我が家はみんな、「家がいい」人ばかりです。

奥さんは実家に戻ることがあっても、できるだけ早く帰ってきたい人ですし(^_^;)

息子も娘も家が大好き。

とにかくみんな、帰りたがる。


ま、私もそうなんですが。


しかし、仕事場は外(私以外はみんな)。

雪が降ると、へたをすると帰宅できなくなる。

さすがに、一年に1度か2度の積雪のために、スタッドレスタイヤははかせる気にならないし。

適合したチェーンを持っているのも私の愛車のスイフト君だけ。


今日は娘は休みで家にいますが、土日は必ず出勤状態の息子と、シフトで休みが決まっている奥さんは出かけて行きました。

彼らが帰れないとなった時には、スイフト君にチェーンを装着して迎えになるかも。




今のところ、さらなる降雪の気配はなし。

空は晴れています。


寒波の襲来で驚いているかもしれませんが、今回の暖冬の影響で、はや梅の花が開きつつあります。


















0 件のコメント:

コメントを投稿