ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月2日土曜日

2016年の牡牛座

2016年の星座別運勢は、水瓶座スタートで記事を作成しております。
山羊座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。


またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。
責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。


☆牡牛座♉
第1デーカン(4/20~4/30)  第2デーカン(4/31~5/9) 第3デーカン(5/10~5/20)

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆さまに、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。




◇ ASTROLOGY ◇

星座の全体傾向
牡牛座は全体に好調です。目立った形でのラッキーではなく、名よりも実を取るという印象です。内面の充実や個人生活の中での楽しみが多い年回りとなるでしょう。エンジョイの年です。


第1デーカン
4月中旬ごろまでは、非常に忙しい傾向が続いているかもしれません。多少やりすぎ行き過ぎといった傾向があり、我慢強い牡牛座は心身に無理を強いるものになるかもしれません。ただしスキルや知識を向上させるには最適な時期です。
4月29日ごろの生まれの人の中には、良き出会いや転機を迎える人がいるかもしれませんし、すでに前年にそのプロセスを迎えている人もいるかもしれません。
4月下旬以降も、やはり知的な向上に適していて、より多くの人に知り合うでしょうし、勉強進みます。それ以前のような尖った感じではなく、スムースです。
注意してほしいのは、恋愛です。第1デーカンは非常に刺激的で強い恋愛を経験する可能性があるのですが、かなり変わった人物を相手に選びやすい傾向もあり、燃焼度は高いけれど、結果に結びつかない可能性もあります。アバンチュールを楽しむという感覚や立場でならOKです。
また新しい娯楽的なことに夢中になるというケースもあるでしょう。
4月27日か28日あたりの生まれの人の中には、良き転機や出会いを経験する人がいます。

第2デーカン
4月中旬ごろまで、ややメンタルが不安定な運勢です。気分が落ち込みやすかったり、考えがまとまらなかったり、知的な活動が不安定なのです。しかし、不安定ながら、葛藤の中で成果を出していくことはできます。伝統的なものや芸術的なものを学習するのには適しています。
4月下旬以降、こうした経緯を踏まえてなのか、このデーカンの人は内省的になります。ただし消極になるというのとも違い、むしろより広く深いところを考えられるようになりますが、それは過去の自分や経験を反芻することで得られていきます。
第2デーカンは年間を通じて全体に幸運な人が多く、実り多き年となるでしょう。5月3日前後の生まれの人にこの傾向は顕著ですが、第2デーカン全体の傾向としてこれはあります。
恋愛運も吉です。人によりますが、再会や過去の人との縁がラッキーになることがあります。
5月7日ごろの生まれの人の中には、出会いや転機を迎える人がいます。

第3デーカン
年の最初は、比較的平穏です。ですが、次第に活性化されてゆきます。まず人間関係の拡大、楽しい交際関係が増えていきます。自分が好きなことを勉強をするのもよいでしょう。
とくにデーカン前半あたりの人は、12星座中でも最高に近い恋愛運を持っており、選択さえ誤らなければ、今年の後半には結婚とか愛情面での充実が望めます。
また趣味娯楽、子供などに関連して非常によく、楽しい年になりそうです。
とくに5月16日ごろの生まれの人の中には、すごく共感できる人物との出会い、人生の共有などを経験できる可能性があります。
若干の難癖をつけるとすれば、たとえば家庭と仕事、結婚と仕事、そういったものの葛藤で悩む一時期があるかもしれません。
7月下旬から9月の初めごろにかけて、このデーカンの幸運期があります。


◇ TAROT ◇

占星術上の解読が非常に良かった牡牛座ですが、それを証明するように、タロットも非常に良い展開です。最初に3枚正位置で展開されたのは、牡牛座と山羊座だけです。
今年のタロットでキイワードになるのは、「冷静さ」と「完結」ということです。
おそらく過去の出来事の清算や終了、完遂というようなことが、未来への布石となるのです。
タロット上、読める問題点は、子供、金銭、欲、父や家庭というようなことですが、これらにかかわる問題に、ここで決着がつけられますし、また一つの終止符を打つことで、救済が訪れます。
何か過去に未解決事案がある場合は、今年決着をつけましょう。そうすることで、救いが来ます。
また冷静に物事に対処することが重要です。
時が解決することもありますので、自然の流れに身を任せてみましょう。とくに子供の問題などは、そういった傾向がありますし、吉報があります。




★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿