ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月9日土曜日

三女神の御許で

昨年から息子がホテルに勤務し始めたので、今年は初詣を家族全員でというのは難しいだろうと思っていたのですが、なんと、息子のシフトが昼と夜になったので、元旦の午前中に地元の由加山に行きました。

ただ。
この由加山。

昔からあった「神教おみくじ」がなくなってしまったのです。ここ数年。

私は個人的にそのおみくじが好きなので、元旦はおみくじは引きませんでした。

我が家には「毎年大吉男」がいます。
それはほかならぬ息子なのですが、とにかく毎年のように「大吉」を引く…。

ありえんだろうというくらいの確率です。

まるで、「芸能人格付けチェック」で連戦連勝するGACKT様みたいに(笑)。

今回も期待を裏切らず、息子は大吉でした(^_^;)


3日。
私は奥さんと娘と共に、倉敷の阿智神社に参拝に行きました。

好きなおみくじを引きたかったのもありますが、阿智神社は宗像三女神をお祀りしており、これは芸能の女神さまでもあるのです。

今年はミュージカルの執筆をしなければならないので、その祈願もしたかった。

個人的なお願いはあまりしないのですが、多くの人がかかわるイベントですので、良き作品の「器」になりますので、お力添えを…というお願いをいたしました。


当日は晴天で暖かく。

阿智神社の小山には大勢の参拝客が訪れていました。
(その昔は山ではなく、島でした。宗像三女神は、たいてい島に祀られています)



拝殿のわきに、女神様たちのお姿が……

高貴です。



阿智神社にはいくつかの摂社があり、その中でも一番大きいのが荒神社です。

いうまでもなく、素戔嗚尊(スサノヲのミコト)をお祀りしているのですが、ここではほかに
宇迦之御魂命(ウカノミタマのミコト)
高龗神(タカオカミのカミ)
闇龗神(クラオカミのカミ)
といった神々がお祀りされています。


荒神社のわきに掲げられている御言葉。

こうありたいと思います。
なかなか、そこまでは行けませんが(汗)。




阿智神社では何かの折には、巫女の舞があります。

今まで何度も阿智神社には来ているのですが、一度も拝見する機会がありませんでした。

境内を三人の白い衣装をまとった巫女様が歩いて行くのを見て、私たちは「あ、これは!」と思い、ついてゆきました。



神楽殿で待っているところを娘が写真に撮ったのですが、神々しい光が入っていました。


やがて登場された三女神。

雅な舞をお見せいただきました。


「共にワとなりて~♪」というお言葉で終わっていたのが、限りなくヤオヨロズとのシンクロを感じました。


ちなみに。

阿智神社で私が引いたおみくじは大吉でした。

娘が引いたおみくじは元旦のものもこの阿智神社のも、どちらも「鳥」に関するお言葉が入っていました。


さあ。

頑張ろう。ミュージカル脚本。



0 件のコメント:

コメントを投稿