ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月3日日曜日

2016年の双子座

2016年の星座別運勢は、水瓶座スタートで記事を作成しております。
山羊座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。


またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。
責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。



☆双子座♊

1デーカン(5/215/31)  第2デーカン(6/16/10) 第3デーカン(6/116/21

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆様に、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。




◇ ASTROLOGY ◇

星座の全体傾向
とくに第2デーカンに顕著ですが、対人関係、人間関係が重要で、悩みの多くはここから出てきます。家庭や仕事とのバランスにならむ人もいるでしょう。
全体に物事の先が見えにくい傾向がありますが、焦らずに現実的な対応をしていくことが求められます。


第1デーカン
とくにデーカン前半の人に顕著として、5月中旬ごろまではフラストレーション、ストレスが多い傾向があります。前に進みたいのに出られないというような傾向もあるかもしれません。それが5月下旬以降、その抑圧が外れます。気を付けなければいけないのは、かかっていたブレーキが外れることで暴走的になることです。
デーカン後半の人はそうではなく、非常に活動的な運勢を持っています。
デーカン全体の運勢として、5月下旬以降、強い恋愛運があります。これを良いものとするかどうかは本人次第、選択次第でしょう。5月中旬まではうまくいないあ傾向が強く、別れもあるかも。
学習することの好調さも5月下旬以降に強く出てきます。自分の基礎固め、あるいは知識の拡大、研究のために役立ててください。家族関係も良好になるでしょう。
5月27、28日あたりの生まれの人の中には、良い出会いや転機を迎える人がいます。昨年の段階でこれがあった人もいるかも。

第2デーカン
5月中旬まで、非常に積極的で好調な流れを持っています。スピーディな運勢が昨年からの流れであり、仕事なども忙しいでしょう。学業が進むということもありますが、今年はこれにじわじわ制限が入ってきます。
6月あたりからそれは顕著になるでしょう。自信を失ってしまったり、外側からかかる外レスが強くなったり、何かと邪魔を感じやすいでしょう。
恋愛に関しても、最初は好調ですが、その後、障害や課題を感じやすくなります。年の半ば以降の恋愛に関しては、やや注意が必要です。出会った人が信頼できる人か、また問題を抱えている人ではないか、よく見つめる必要があります。継続的にあった関係の場合、ここできずなの強さを試されるかもしれませんので、気持ちを強く持っていきましょう。
デーカン半ば以降の人は、口論など起こしやすい傾向があり、ご注意ください。
6月7日あたりの生まれの人には、5月中旬くらいまでの間に良き出会いや転機を迎える人がいます。昨年の間に起きているケースもあります。

第3デーカン
5月中旬あたりまで、デーカン全体、非常に活発な運勢を持っている人が多く、昨年からの流れで積極的な行動に駆り立てられます。むろん仕事や学業にも、この運勢は有効に活用できます。中にはやりすぎ、行き過ぎな状態になる人もいるかもしれませんが、とくにデーカン前半の人には幸運の助けもあります。
5月下旬以降、この運勢がもっと落ち着いた状態に変わります。そしていろいろと良い意味での変化が目立つようになります。新しいことを始めるのに適しています。
恋愛運や金運も年の後半のほうが好調で、楽しいことが多くなります。
6月15日16日あたりの生まれの人には転機や出会いがあるかもしれませんが、感情が高ぶって失敗することや、別れを経験するケースもあります。別れる場合、そのほうが良かったのだと考えられます。やや事故などにもご注意ください。


◇ TAROT ◇

迷いの多い年で、過渡期です。
根本的には、欲望、金銭などがクローズアップされます。人生の発展のためには、「ああなりたい、こうなりたい」「これを得たい」というような欲求が重要です。が、この年ではその欲求が躓きの原因になったり、あるいは恋愛などでも不誠実で快楽だけが目当てだったりする、信用のならない異性が目立ちやすく、これをちゃんと見分ける用心が必要です。
職場では上司との関係、また自身の学習不足などを感じやすいので、事前に準備することが大事です。
金銭的なことが問題になることもあり、掛け持ちで仕事をするようなケースもあるかもしれませんが、就労規定で制約のある人はご注意ください。
今の内から節約を心がけましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿