ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月28日木曜日

2016年の抱負

大学での後期スケジュールの大詰め、試験を終えました。

これから採点作業なのですが。

まあ、あとは事務作業。


講義自体が終わりますと、ちょっとした解放感があります。

あ~~、終わった!! って胸を開く感じです。

とくにこの時期は、今年度の終わりで、ただの非常勤講師にすぎない私は、当分お休みです。

学生自分の夏休みに入る気分なのですが、現実的には大学という仕事が減るだけ……
(^_^;)

考えてみれば、この一年……完全にお休みした日は、たぶんない……ような……?

ま、どこかに取材旅行に行くとか。
そういうときは通常の仕事はできないんですが。

それって、休みなのか??? というお話ですよね(^^;

この1月のお正月でも、毎日いろいろやってましたものね。



たぶん完全なワークホリックなのですが、性分的にも休めない。

休んでいると落ち着かないのです。

何かしていないといけないような気がする。


この性分は、じつは若いころからあり、作家としてデビューする前からあったような気がする。

書かないといけない、というような、切迫感が常にありました。

だらだら休んでいると罪悪感のようなものが湧いてくる……


とんでもない貧乏性ですね(爆)。

たぶん自分の中の何かに囁かれているんだと思いますが。

それだけじゃないくて、やっぱり自分に余裕がないんでしょう。

実はこの状況が足を引っ張っている部分も確実にあるのです。


まずは本がちゃんと読めていない。

読むべき本というのがあるのに、つい今やっときたいことをやってしまう。

これは私自身の学習、知識の増強などにはマイナスです。



なので。
ここは少し改善したいと思います。

小説家としても占星術師としても、やはり多少は余裕をもって、収集するべき学習をして、触れるべきものに触れる。
芸術や文化とか、そういったものもそうですし。

バイクにも乗ろう(←このところ、まったく乗れていない)。

そもそも。
昨年、少しは楽しみを増やそうと思い、ガンプラを作ったり、ちょっとゲームなどしようとしたりしたのですが、これが自分の中で苦痛になってしまった。

趣味娯楽が楽しめないのは、5ハウス土星(それも強い土星)の特徴なのです。

娯楽が楽しめないというのは、すでに言葉としておかしいっ!!

娯楽は楽しいからするんだろう。

でも、趣味娯楽も本気で取り組んでしまう悲しい性(さが)。


そーなんですよ。

余暇が楽しめない、基本。



なので、ガンプラやゲームには手を出さず。

本を読む時間を増やそうと思います。
実は、今年に入ってそれをやっています。

これはまあ、なんとかできそうです。


なので、今年の抱負その1
 本をもっと読む(読みたいと思う本を読む)

それから抱負その2ですが。

今日、大学に行くと講義評価アンケートの集計が出ていました。

まあ、だいたい昨年と同じような感じで、さらに良くなっていると言えるかもしれません。

これには「講義がシラバス通りであったか」とか「もっと学びたいと思ったか」とか、まあ、その講義内容を生徒さんが評価する項目が5段階くらいであるのですが、この中の3レベル(数字にすると)の評価があるのですね。
「どっちとも言えない」的な中間評価ですね。

これをもっと減らしたい。

私の講義の性質上、また講義スタイルから、絶対に減らせない項目があるのはわかっています。

が、この中間域を減らしたい。
現状でも、80人とか90人とか、かなりの数が受講されている状況では、今のアンケート集計も、満足すべきものであるのはわかっているのですが、もっと上を目指したい。

それにはテクニックも必要なのです。

なので、抱負その2は、大学での評価(生徒さんからの評価)をもう一段上げるということ。



それから。
もうすでに書いたようなものですが。

抱負その3
  完全に休養する日を、ひと月に一回かふた月に一回は作る

ということをしたいと思います。
仕事を忘却する時間は大事です。
ここでリフレッシュがありますし、新しいアイディアが湧くということもあります。

なので、この時間にバイクに乗ったり、読書をしたり。
やりたいと思うことをやろうと思います。


抱負というと、頑張る内容になることが多いのですが。


私の場合は、頑張って息を抜く、ということを宣言しているみたいで、これって本当に息を抜けるかっ??みたいな疑問もわきますが。

とりあえず、今年の抱負です。



0 件のコメント:

コメントを投稿