ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年1月4日月曜日

2016年の乙女座

2016年の星座別運勢は、水瓶座スタートで記事を作成しております。
山羊座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。


またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。
責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。


☆乙女座♍
1デーカン(8/239/2)  第2デーカン(9/39/12) 第3デーカン(9/139/22

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆様に、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。




◇ ASTROLOGY ◇

星座の全体傾向
家庭のことで課題やストレスを抱えることがあるでしょう。
乙女座は全体の3分の2程度の人が、比較的強い恋愛運を持っています。とくに8月29日~9月4日あたりの生まれの人は、かなり強い運勢です。独身の方は有効に生かしてください。
全体として、より高いレベルでの学習、仕事、友人との関係、あるい一人の時間の大切さなどへの気持ちの傾きを生む傾向があり、思い当たることへエネルギーを注いでもらうとよいでしょう。

第1デーカン
何もかも幸運というわけではありません。気持ち的に不安定な部分、運勢的にしっかりしない部分がありながら、このデーカンは何かと護られます。9月1日前後の生まれの人は、不安定さが強く出ますが、それでも決定的に困ったことになることはないでしょう。
恋愛運は目立たないかもしれませんが強くあり、もしかすると片思いに胸を焦がすようなこともあるかも。あるいは過去の恋愛について思い返すことがあったり、再会したり。
秋以降は、ちょっと気持ちが落ち込みやすかったり、ストレスが増えるかもしれません。家族のことにかかわりやすいでしょう。秋以降の不調は、9月2日前後の人が感じやすいでしょう。
8月23日~25日あたりの生まれの人の中には、良き出会いや転機を昨年から今年への流れで経験する人がいます。

第2デーカン
9月3日あたりの生まれの人は、第1デーカンと同じく気持ちや運勢が不安定なところがあります。芸術的なことやダンス、あるいは水泳などに使うことで消化できます。
このデーカンも強い恋愛運があるのですが、このデーカンの前半の人は第1の傾向に近く、内省的で過去のかかわりに向かったりする傾向があり、デーカン後半の人は未来志向型です。どちらにもチャンスがあるのは同じです。
恋愛問題に限定しないのであれば、再会や復活ということは全体に起きやすいと言えます。
創造的なことをするとよいでしょう。
9月3日あたりの生まれの人は、昨年以降の流れで良き出会いや転機を迎える人がいますし、19日あたりの生まれの人は、秋以降の運勢の中でこれが起きる可能性があります。

第3デーカン
このデーカンはほかの二つのような恋愛運の上昇はあまりありません。
前年からの傾向ですが、ハードワークを招きやすい運勢傾向があります。特に事務仕事や頭脳労働、喋ったり、コミュニケーション関係の仕事をしている人には顕著です。これの運勢は一般的には、言葉のやり取りの問題や神経的な疲労につながりやすく、このデーカンの人は全体に気持ちを休めること、ストレス解消が大事になってきます。
デーカン半ば以降の人は、勤勉な働きが認められますし、年長者との関係が良いでしょう。
秋以降は、それまで頑張りすぎたのが心身に出てしまうこともあるでしょうし、ブレーキが効きにくくなってしまい、やりすぎの傾向が出てきます。そそっかしさが出たり、怒りっぽくなりやすいので注意が必要です。乙女座総合の解説にある家庭のことは、秋以降に感じやすいかもしれません。
7月下旬から9月の初めごろにかけてこのデーカンの幸運期があります。
9月13日あたりの生まれの人は、昨年以降の流れで良き出会いや転機を迎える人がいますし、21日あたりの生まれの人は、秋以降の運勢の中でこれが起きる可能性があります。


◇ TAROT ◇

両親のこと、あるいは子供のこと、住宅としての家のことなど、いろいろと心配なことが起きやすい年です。経済的なことが背景にあるかもしれません。
しかし、ここはなるようになると思うことです。心配を心の中で増幅させるのは好ましくありませんし、実際、カードは天意的な意志の発動での解決を提示しています。
あなたの考えが間違っているわけでもありませんし、将来へのプランは温めていきましょう。
実行の難しいことは、この年にやり切ってしまう必要はありません。
いずれ事態が変わるときが来ますし、黙ってやっていれば自然に変わってくることも多いでしょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿