ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年12月19日月曜日

下弦の詞(ことば) 12/21


最近、半月ポイントでの記事を書くようにしております。
かならずそれができるかどうかは怪しいのですが、できるだけご用意しておこうと思います。
新月→満月→新月のサイクルの中間点に当たる半月(上弦と下弦の月)もちょっとした目安になるというのは、かじ取りの役に立つこともあります。

明日は違った記事をご用意することになると思うので、ちょっと早めにUPいたします。

明後日21日の午前10時55分、下弦の月です。

新しい自分の創造の新月は、新しい可能性を見出す満月の段階を過ぎました。

この下弦では、物事に集中して取り組むことが大事です。

多くの場合は、自分の仕事や役目、ということになるでしょう。
家を預かるような立場なら、時期的にも大掃除でもいいです。

可能性の実現のためには、やはり努力が必要です。
この下弦は、与えられている環境の中で自分の能力を振り絞ってしまえばよい。

周囲にあなたを誘惑するものはあるかもしれません。
しかし、わき目も振らずにに進むことです。

あるいは周囲のことなど見る暇もないほど、火急の事態が発生することも多いでしょう。

しかし、それはあなたが試される時であり、チャンスでもあるのです。

もう次の扉が開かれようとしています。

その扉を開くための節目が、今やってくるのです。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿