ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年12月10日土曜日

朴槿恵大統領のホロスコープ


ここ2日、ちょっとトラブルがあり、ばたばたとしておりました。
ご連絡頂いていた方、レスポンスが悪く、申し訳ありません。
今はなんとか日常に復しております。この件はまた記事に致します。

韓国の国会で、朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が可決されました。
今年は国際情勢が荒れ続けています。
イギリスのEU離脱、アメリカの大統領選やヨーロッパ諸国でのナショナリズムの台頭。

韓国の今後もかなり不透明になりました。
次期大統領がだれになるのか……それによって、また日本との関係も逆行することがなければよいのですが。

幸いというべきか。
このような国際社会の動きの中にあって、日本は不思議と社会構造的には安定を堅持しています。
まるで台風の目のように。

今後もこのような状況は続くような予感がします。


朴槿恵大統領のホロスコープを見てみました。




出生時間は不明ですが、政治家らしく、ハードアスペクトも顕著です。
政治家は穏やかなチャートの人間には不向きとまでは言えませんが、どうしても力に欠けるところがあります。

一方、土星と太陽は正確なトラインです。
これはお父様のことなのかなという印象を持ちます。
暗殺された大統領、朴正煕氏――。

その大きな影、助力とも思えます。

しかし、ここ数年、彼女はこの土星との関係が非常に悪かった。
韓国の国内外の情勢の厳しさを、大統領のチャートとして物語る一面があったのですが、この特に彼女の大統領就任後に巡ってきた土星の困難期。

それは今も続いているのですが、この時期に彼女をバックアップしてきた土星は、急に立場を裏返してしまったようです。

大統領の昇り詰めるまでは、非常に幸運な運勢だったのですが、それもとっくに消え去ってしまっている。

そして彼女の金星、木星、天王星のTスクエアが非常に刺激される時期となっています。


一国のトップの運勢は、やはりそれなりに重要かと思います。
そこにある程度、国運にリンクした部分があるからです。

もっとも、おそらくいかにハードアスペクトであろうと、それを使いこなせる器量と人格を備えていれば、大きな災いにはならぬはずなのですが。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿